×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライカを買おう
ライカを買おう>ライカを学ぶ>レンズ解説Lマウント21o

スーパーアンギュロン(SUPER ANGULON) 21o f4

スーパーアンギュロン 21o f41958年
製造本数:1462本
シリアル:約1550000-1970000
レンズ構成:4群9枚
最小絞り:f22
最短撮影距離:0.4メートル。距離計の連動は1メートルまでである。
フィルター径:39o
フード:IWKOO(12502)


レンズフード IWKOO当時のライツは21oなる広角レンズを作る技術はなかったので、ドイツのレンズメーカー・シュナダー社にOMEを依頼した。Mマント用には約5200本製造したのに対しLマント用は1460本ほど。レンズ後端がかなり飛び出しているので、このスーパーアンギュロン21of4すべてM5、CLには改造なしでは装着できない。またM6以降の露出計は正確な測光は出来ない。また、レンズ硝材が柔らかいのか、前玉が傷ついているものが多いので購入の際には注意である。

写真はMマウントのものだが、実はMマント用のスーパーアンギュロン21of4はすべてレンズ後部のリングを外すとバルナック用になる。用はマントアダプターが付いたものがM型用になっている。純正Lマント用の方がレアで値段も高いが、中にはM用のものをリングだけ外して売っているものある。見分け方はM用のリングは小さなネジで固定してあるが、M用アンギュロンのリングを外すと残ったLマントスクリュー部にそのネジが入る窪みがある。これがあるとMマント用アンギュロンだと言うことである。

珍品はシリアルナンバーで、シュナダー社の番号をそのまま刻印してしまったものがある。上記したシリアルナンバーから大きくはずれたものがそれに当たる。これはM型用のスーパーアンギュロン21of3.4にもある。



| ライカを買おうについて | Site Map | E-Mail |

Copyright (C) 2006 ライカを買おう. All Rights Reserved.