×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ライカを買おう
ライカを買おう>ライカを学ぶ>レンズ解説Mマウント90o

エルマー(ELMAR) 90mm f4 第一世代

エルマー(ELMAR) 90mm f4 固定鏡胴1954年〜1968年
製造本数:約25000本
シリアル:約11240000-2255000
レンズ構成:3群4枚
最小絞り:f32
最短撮影距離:1メートル。
フィルター径:39o
フード:IUFOO(12575)






エルマー(ELMAR) 90mm f4 沈胴レンズ構成は同じでも、バルナック時代よりもコーティングと鏡胴は変更している。内面反射が多く、フードは付けたい。鏡胴の一部に皮を張り付けてあるなど丁寧な作りで、これ以上の作り(沈胴のほう)のレンズはもうないだろう。エルマー一族は回転ヘリコイドであるが、このレンズは直進式。距離目盛りはfeetとメートルそれぞれあるが、後期は両方が表記してある。また沈胴、固定鏡胴共Lマウントがある。

IUFOO 初期沈胴式と、固定鏡胴がある。沈胴式は無限ロックがある。ボタン式でしっかりとロックしないと沈胴できない。そして完全に引き出した状態でないと距離リングが回らない手の込んだ作りである。また距離調整リングの形状で前期と後期があり、後期の方がそのローレットが浅く丸い。後期型は意外にレアである。

IUFOO 第3世代固定鏡胴似はヘッドのレンズ部が外れるタイプがあり、アダプターOUAGOを介してビゾフレックス2型、3型で使用できる。この外れるタイプのものは鏡胴部にもナンバーがふってある。そろっているか確認して購入すべしである。違ったナンバー同士だとピントが合わないことがある。

フードのIUFOOはいろいろとバリエーションが多いが、写真上は初期で写真したは第2世代である。機会があればすべのバリエーションを網羅したい。ちなみに1960年にIUFOOから12575と名を変えた。

このエルマー、特に沈胴はライカレンズすべての中でももっとも作りがこったものである。しかも価格も他のレンズ比べるとかなり安い。是非とも手に入れておきたい。



エルマー(ELMAR) 90mm f4 第2世代

エルマー(ELMAR) 90mm f4 第2世代1964-1968年
製造本数:約5000本から5500本
シリアル:約1920000-2300000
レンズ構成:3群3枚
最小絞り:f32
最短撮影距離:1m
フィルター径:39mm
フード:IUFOO(12575)

ライカレンズの中で唯一3枚構成。トリプレットと云うだけでこのレンズを指したりする。数が少なく、特にこのLマウントは543本とレアもの。形もよく、数が少ないのでコレクションアイテム化している。

先代と同じように、アダプターOUAGOを介してビゾフレックス2型、3型で使用できる。



エルマーC(ELMAR C) 90mm f4 CL用

エルマーC(ELMAR C) 90mm f4 CL用1973-1978年
製造本数:?
シリアル:約2560000-2970000
レンズ構成:4群4枚
最小絞り:f32
最短撮影距離:1m
フィルター径:シリーズ5.5
フード:付属12517(ゴム製)





ライカCL用のレンズとして、カメラ本体と同時に発売された。CLはコンパクトライカの略。そのためレンズもコンパクト設計である。フィルターはズミクロン40mm用と共用のシリーズ5.5である。

フード 12517このレンズCLと云うだけ合ってくせ者である。傾斜カムを採用しているのである。カメラ本体のコロと接触するカムはMレンズ、Lレンズともに真っ直ぐ水平であるが、CL用レンズは斜めなのである。少しのずれでCL以外のカメラでは距離計が合わない。しかし無限遠で合っていれば、問題なく使える。

バリエーションとしてはライツからミノルタCL用としてロッコール90mmf4と名を変え、フィルター径を40.5mmにしたもがOME供給されている。鏡胴のデザインはそのままである。ライツから日本へOMEされたレンズはこのレンズしかない。



ロッコール(ROKKOR) 90mm f4 CLE用

ロッコール(ROKKOR) 90mm f4 CLE用1981年
製造本数:?
シリアル:?
レンズ構成:4群4枚
最小絞り:f22
最短撮影距離:1m
フィルター径:シリーズ5.5
フード:付属(ゴム製)


ミノルタがCLの次に発売した絞り優先AEのミノルタCLE用のレンズとして供給された。ちゃんとMマウント。ライカ純正レンズではないが、余興として載せてみた。
作りはCL用の90mmの系統であり上記のライカCL用90mmよりほんの少し小さい。傾斜カムではないので、M型ライカにも安心して使える。何より値段が純正ではないのでとにかく安い。



| ライカを買おうについて | Site Map | E-Mail |

Copyright (C) 2006 ライカを買おう. All Rights Reserved.